2016年8月の記事一覧

こまめな水分補給にウォーターサーバーがおすすめな理由

熱中症予防にはこまめな水分補給が効果的ですが、この水分補給についても正しく理解している人って少ないんですよね。

まず、甘いジュースや缶コーヒーなどは、糖分のとりすぎになりやすくおすすめできません。

スポーツドリンクは人間の体液に近いミネラルとイオンバランスのものもあり、おすすめできますが、スポーツドリンクだけで水分補給すると、これも糖分のとりすぎになることもあります。

基本的に水分補給はミネラルウォーター、天然水がベストチョイスです。

真夏の炎天下でスポーツなどをして、のどがカラカラに乾いているような時に、どんな飲み物が一番おいしいと感じるでしょうか。

甘いジュースや缶コーヒーなどを飲みたいとは思わないでしょう。

キリッと冷えた水が一番おいしいと感じるはずです。

ただしあまりに冷えすぎた水は体を急激に冷やしてしまって、代謝を下げることにもなりかねません。

真夏の暑い時期でも5℃程度に冷えた水なら、おいしいと感じる温度ですし、体を冷やし過ぎることもありません。

そこで、熱中症予防のための便利なアイテムとしておすすめなのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは7リットルから12リットル程度のお水のボトルを宅配してもらい、レンタルしたサーバーにセットして使います。

5℃程度に冷えたおいしいお水と90℃前後の温水がスイッチ一つで用意できます。

お水は天然水を採水地でボトル詰めしたものと、天然水や水道水をろ過してボトルに詰めたRO水とがありますが、はっきりとした味の違いはありません。

気分的なものが大きく、天然水の方がおいしそうな気がするという程度と考えていいでしょう。

ただし、じっくりと味わうと加熱殺菌していない天然水の方が自然な甘みと美味しさが感じられるという方もいらっしゃいますので、飲み比べしてみるのがおすすめです。

気になるお値段ですが、ウォーターサーバー本体のレンタル料は無料で、料金はお水の代金だけというところが多いです。

天然水で12リットルボトルのお値段が1.700円から2,000円程度、RO水なら1,000円前後です。

RO水の場合、サーバー本体のレンタル料が毎月600円から1,000円程度発生するところもあります。

ウォーターサーバーと一口に言っても、さまざまな業者、デザイン、水の種類や採水地などがあり、すぐには選べないと思います。

さまざまな事例から、ウォーターサーバー選びのヒントを得られるサイトがありましたので、下記のサイトも参考にしてみてください。

http://ajino-edoichi.com

2016年8月19日|

カテゴリー:食品